東京で台湾式足もみを学ぶなら~若石足療C'est la vie~

いつでもどこでも始められる台湾式足もみを自分のため、家族のために学んでみませんか?

<平成30年7月豪雨支援募金>
団体による支援

<コンビニから募金>
コンビニ端末で募金をする

足をもむ回数とマッサージを継続した日数は、体質改善の効果に比例する。

若石健康法初級プロ養成講座

『一家にひとり、足もみのプロを!』普及活動をしている若石足療セラヴィ(じゃくせきそくりょうセラヴィ)の山田愛です。

 

昨日は、初台での営業最終日。ありがたいことに予約枠もすべて埋まり、有終の美(大袈裟?)で飾ることができたのもお客様のお陰でございます。本当にありがとうございます。

 

セラヴィの足もみマッサージはこれで終わるわけではなく、今後「出張足もみ」「各地のシェアサロンを利用したマッサージ」も考えております。決まり次第、ブログ、LINE、ホームページでご案内いたしますので今後ともよろしくお願いいたします(LINEもぜひご活用ください!)。

 ↓ ↓ ↓

※LINEからの予約、講座へのお申し込みが可能となりました。

友だち追加

 

お客様からのご質問をまとめてみました

昨日、ご新規のお客様が2名来店されました。その際にいくつかご質問をいただいたので紹介します!

 

Q.台湾式と西洋式の違いは?

A.台湾式や中国式はどちらかというと体質にアプローチするマッサージです。反射区に溜まっている老廃物をかき出すため、マッサージの時に圧の強さ(人によっては痛み)をともないます。

 

西洋式は、リラクゼーションをメインとしたマッサージです。施術時にアロマオイルを使用し、香り(鼻)で脳を刺激する効果もあるため一概に「リラクゼーション効果だけ」とは言えません。

 

お好みがあるのでいろいろ試してもらい、ご自身にあった民間療法をとにかく継続してください。

 

Q.足もみが気持ち良かったので続けたいのですが、どのくらい通えばいいですか?

A.足もみ自体は毎日行ってもらうことがベストです。週1回はプロに足をチェックしてもらうことをおすすめします。

 

Q.足つぼマットと足もみ専用のローラーだと、どちらの方が効果的ですか?

A.毎日足うらを刺激してもらえれば、効果は同じです。大切なのは、道具ではなく毎日マッサージを継続できるかどうか。

 

日常生活に問題のない方については、ご自身で足を動かしてもらう足もみマットやマッサージ棒をおすすめします。

手が動かしづらい、歩きづらい、ということであればローラーをおすすめします。

 

乗り越えないといけないのは「継続」

当サロンにお越しいただき、施術直後は足も軽くなったように感じます。血流も良くなるのでからだもポカポカし、目がすっきりしたり、肩が軽くなったりしますがこれはあくまで一時的なもの。

 

この効果を継続するには、やはり常に血液の循環を良くする必要があります。それはあなた自身の努力も絶対に必要なのです。

 

足もみだけでなく、「継続する」ことは何より難しいと私は考えています。たとえば仕事もあっという間に10年が過ぎた、というわけでなく日々ストレスを抱えながら、目標や夢に向かって努力した結果10年が過ぎていたのではないでしょうか。

 

家庭もそうです。良いことばかりでなく、家族と意見の違いからケンカしたり、ストレスのたまることもあります。適当に暮らしているだけでは絶対に家庭を維持できません。互いに努力しているから継続できているのです。

 

あなたの努力なしで今の生活はありえないのです。皆さん気づかれていませんが、努力の毎日なんですよ(^-^)。

 

体質改善も同じ。「1日も早く!」と考える、誰しもそうですしそう考えるのが普通だと思います。しかし、残念ながら人間のからだは良くも悪くも複雑にできているので一回やれば健康が維持できるものではありません。だからこそ続けることで体と向き合い、続けた人にだけ効果が出るのです。

 

お客様の中には半年通っていただき、徐々に腕の痺れがとれてきた方もいらっしゃいます。これは私の施術云々ではなく、毎日かかさずご自身で足と向き合ってこられた成果です。私は、週1回お客様の足をチェックし少しアドバイスをさせてもらっただけなのです。

 

そういうお客様を見ていると、続けることの大切さをひしひしと感じます。すぐに効果の出ない方、何をやっても効き目がないとあきらめかけている方、

 

絶対に、あきらめないでください。

 

そして

 

ご自身にあった健康法を続けてください。

 

この2つであなたのからだは確実に変化します。それまで楽しみに待っていてくださいね。

 

講座の予約はこちらから。

※予約システムをリニューアルしました(2018.2.14)。

クービック予約システムから予約する

※LINEからの予約が可能となりました(2018.1.22)。

友だち追加

 

 

*********************

ポチっと押していただけると励みになります!


リフレクソロジーランキング

*********************