<本町・初台・幡ヶ谷>足裏マッサージサロン 若石足療C'est la vie

自分のことを後回しにしがちな 忙しいあなたへ。不調の改善に「足活」はじめてみませんか?

テレビを見て改めて考える。私たちの求められていることとは?

Sponsored Link

 

谷区初台にある足裏マッサージサロン若石足療セラヴィ(じゃくせきそくりょうセラヴィ)の山田愛です。

 

今、TBS『金スマ』を見ています。ダウン症の子どもをもつ松野明美さんをTBSが密着されているんですが、番組を見ながら思い出したことがありました。

 

 

障害のある人の目線

*1

私は数年前、手話を学んでいました。地元が主催する講座を受け、手話サークルに所属しボランティア活動をしていました。

 

最初は拙かった手話も、聾者の方から直接教わることで少しずつ表現の幅が広がり、聾者の方と二人ででかける機会も増えました。

 

そんなとき、「自分は何もわかっていない」ことに何度も気づかされたことがあります。

 

電車でのエピソード

電車の中でのこと。その時は聾者の方と二人で出かけていました。降りる駅が近くなれば車内放送が流れるため、放送が流れてから降りる準備をすればよいと考えていた私。普段通りの自分の行動でした。

 

ところが、聾者の友人は降りる駅の3つ手前で荷物の準備をし始めました。私が「まだ降りないよ」と手話で伝えると、「いつ降りるかわからないからドアの前で待つ」と言う友人。当然です。友人からすれば目視で駅の確認をするしかない、駅の表示を見逃したくないのです。

 

また別のときには、「車内に流れる停車駅の表示が早く流れていくから一度見落とすと大変。あなたたちは聞こえるから見逃しても大丈夫だけど、私たちは意識していないとついうっかり乗り過ごしてしまうの」。

 

そんなことさえ、教えてもらわないと気づかなかった私。ボランティアをしていた時も、私は本当に相手の求めていることに応じることができていたのだろうか。

 

障害のある方からのお問い合わせ

サロンをオープンしてから、障害のある方からの問い合わせも何度かありました。私と同じように手話を勉強している方からメールをいただいたり、足もみに関する内容だったり。その中には視覚に障害のある方もいらっしゃいました。

 

足もみ技術をその方に伝えたい。技術は手の感覚で伝えられたとしても、テキストはどうしようか。テキストを点字にしてもらえるサービスはどこだろう。いろいろ調べていた時にふと気がつきました。

 

障害のある人は、私たちの想像以上に不便なことがたくさんある。

 

 

まとめ

不便なことを一つ解消させるのに、私たちにはかからない費用が障害のある方には必要だったりする。私たちが求められていることってなんだろう?

 

と考えるだけでまだ答えはでないんですが、自分のできる範囲内で障害のある方の『不便さ』を一つでも取り除くことができたらよいなぁと感じる今日この頃です。 

 

 

サロンについて

初めての方はこちらをご一読ください。

はじめに(ご予約前に必ずご一読ください)

ご予約はこちらから。

※予約システムをリニューアルしました(2018.2.14)。

クービック予約システムから予約する

※LINEからの予約が可能となりました(2018.1.22)。

友だち追加

サロン営業日・予約等

台湾式の足うらマッサージで血液の流れを改善!渋谷区初台駅から徒歩5分 女性限定サロンです。

営業日

毎週 日曜日のみ

営業時間

12:00~18:00(完全予約制)

予約枠

①12:00~ ②14:00~ ③16:00~

※当日予約は現在お受けしておりません。予めご了承ください。

TEL予約

080-8084-5874(12:00~18:00)

※営業電話はご遠慮ください。

*********************

ポチっと押していただけると励みになります!


リフレクソロジーランキング

*********************

*1:

私は「障害者」ではなく「障害のある人」という表現を好んで使います。それはこの「障害の影響を受ける場合」もあれば「障害の影響を受けない場合」もあるという事を明確にしたいからなんですよね。

「障害者」じゃなく「障害のある人」という視点から障害者差別解消法を考えてみませんか?に共感しました。