足もみで血流改善~渋谷初台駅から徒歩5分~若石足療C'est la vie

足もみで冷えやむくみを取り除く~まずは血流改善から~渋谷区初台にある台湾式リフレクソロジーサロン。

成長著しいポトスを眺めて、東洋医学の「気・血・水」の「水」を強く感じた日。

スポンサーリンク


気血水

京都渋谷区自然治癒力(免疫力)がアップする足もみマッサージサロン若石足療C'est la vie(じゃくせきそくりょうセラヴィ)のオーナー山田愛です。

先日、東洋医学の「気血」に関する記事をアップしましたが今日はもう一つ大切な「水」について少しお話します。

▼その時の記事はこちら。

気・血・水

東洋医学の基本概念に「気・血・水」という考え方があります。人間の体は自然界の構造と同じように「気(エネルギー)、血(血液)、水(体液)」から出来ており、「気」「血」「水」のどれか一つでもバランスが崩れると体に不調を感じるということを表しています。が、最近「水」の大切さ、存在を強く感じる出来事がありました。

観葉植物

自宅の中でいくつか観葉植物を置いているんですが、もう少し増やしたいなぁと思い小さな鉢に入ったポトスを購入しました。実家でも水挿ポトスがたくさん置かれていたので母に習いポトスを増やすことに挑戦してみました。

枯れるポトス

ある程度育ったポトスを取り分けて水挿しをしてみたんですが・・・見事に枯れました。母に相談したところ「水」を見直しなさいという回答が。太陽の光が届く場所に置いていたし、毎日綺麗な「水」に変えていた、いやたまに忘れて2,3日に1回という時もありましたが「そのくらいで枯れるのか?」疑問でした。

流れる水は腐らない

母の忠告どおり毎日「水」を変え続けた結果、嘘みたいに枯れなくなりました!「たかが水、されど水」。「水」を意識するだけでこんなに成長するのか!

▼わが家のポトス(小)。葉も少しずつ濃い緑色に。根も伸びてます!

ポトス小

人間の体も同じ

元気になるポトスを見て、東洋医学の基本概念を思い出しました。このポトスを自分の体に置き換えるとしたら・・・。やはり流れない水を体に残したままにしてはいけない。血液以外の体液(尿、汗、涙、リンパ液など)を循環させる必要がある。そうでなければ「気・血・水」のバランスが崩れてしまう。ポトスの成長を目の当たりにして「気・血・水」を今まで以上に強く意識するようになりました。

▼わが家のポトス(大)。(小)と同じ鉢のポトスです。

ポトス大

足をもんで「気・血・水」のバランスを保つ

若石健康法は、「気」を意識しながら足うらにある老廃物(ゴリゴリする部分)を揉みほぐし「血」の流れを促進、老廃物を血液にのせて腎臓まで運び、「水(尿)」として体外へ排出します。

「気・血・水」を意識した若石健康法の足もみをあなたぜひ体験してください。

サロンのメニューは2つのみ

初めての方はこちら。

クービック予約システムから予約する

再来の方はこちら。

クービック予約システムから予約する

サロン営業日・予約等

台湾式の足うらマッサージで血液の流れを改善!渋谷区初台駅から徒歩5分 女性限定サロンです。

営業日

毎週 木曜日・日曜日 週2日のみ

営業時間

12:00~18:00(完全予約制)

予約枠

①12:00~ ②14:00~ ③16:00~

※当日予約は現在お受けしておりません。予めご了承ください。

TEL予約

080-8084-5874(12:00~18:00)

サイト予約

サイト予約

*********************

ポチっと押していただけると励みになります!


リフレクソロジーランキング

*********************